2019.05.18 Saturday

期限切れフィルム、色補正でどう発色が変わるのかの実例です

0

    JUGEMテーマ:写真

     

    フィルムには使用期限があります。パッケージに必ず印字されています。では、それを期限が過ぎるとどうなるのでしょう。ズバリ、正しい発色、正しい明るさ 、正しい粒状性、正しいコントラストで撮影ができなくなります。フィルムが古くなると、感度が低下して写真は暗めに写り、また発色も悪くなるのに加えてフィルムのベースカラーが強調された発色になります。そしてザラザラに。よくフィルムは一度でも高温に熱せられると劣化すると言われますが、暑い夏を何度も放置されてきたフィルムはかなり劣化が進むはずです。しかし、この鈍いザラついた発色こそを求めて、「フィルムをワインのように寝かす」という猛者すら存在。期限切れフィルムは偶然安価で見つかることがありますが、ゴミだと思わずに、その熟成度合いを楽しんでみてはいかがでしょう。

     

    ここで実例をひとつ。たまたまアンティークショップで2002年5月が期限の「コニカカラー センチュリア200」を入手しました。いまは富士フイルムとコダックがカラーネガの2大メーカーですが、かつてはコニカカラーも大きなシェアを誇っていました。コニカの期限切れフィルムはときどき見かけますが、コニカのカラーネガの期限切れフィルムは総じてピンクに色転びします。補正を強めると少しは正しい色が出てきますが、それでも限界はあり、またザラザラで発色の鈍さは残ります。

     

    まず、写真店で期限切れフィルムで色転びを起こす旨を伝えて、敢えて色補正をせずにデータ化をしていただいたカットです。見事なピンクワールド。これはこれで、モチーフ次第ではありかもしれませんね。

     

     

     

     

    続いては写真店で自動補正をオンにして普通にデータ作成をしていただいたカット。写真店ではカラーネガフィルムからのプリント&データ作成時、正しく好ましい発色にするため色補正を自動的にする機能が付いています。それなりに発色していますが、とにかく眠いです(褒め言葉)。最近はローキー写真も人気ですが、ローキーを難なく作れるのはありがたいですね。

     

     

     

     

    そして、自動補正データをPCで読み込み、Photoshopの自動色補正をさらに適用するとこのようになります。発色はわずかに改善するものの、フィルムらしいなめらかさが影を潜めて粒状感が目立つ結果となりました(褒め言葉)。無理な色補正の結果でしょう。クロスプロセス現像などをしたかのような荒々しい印象となり、ワイルドさ満点です。

     

     

     

    全て同じフィルムとは思えない結果となりました。期限切れフィルムを入手したら、写真店でどんな注文をするか、またどんな仕上げを目指すかの参考にしていただけると幸いです。でもこれはコニカ製センチュリアの結果。他のメーカーでは結果はもちろん異なると思いますし、寝かしの長さでも変わると思います。その一期一会が魅力ですね!

    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    snap!=Fumihiko Suzuki's flickr
    www.flickr.com
    F.Suzuki's items Go to F.Suzuki's photostream
    Twitter
    Instagram
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    フィルムカメラ・ライフ (玄光社MOOK)
    フィルムカメラ・ライフ (玄光社MOOK) (JUGEMレビュー »)

    snap!企画・編集・執筆の本。


    レッツ・スタート・フィルム生活! 唯一のフィルム写真専門誌。創刊号は簡単にはじめられるフィルム一眼レフ大集合!
    Recommend
    31年目の写ルンです (エイムック 3600)
    31年目の写ルンです (エイムック 3600) (JUGEMレビュー »)

    snap!企画・編集・執筆の本。


    大ブレイク中の写ルンですのすべてがわかる1冊。二階堂ふみさんの表紙が目印!
    Recommend
    レンズの時間 (玄光社MOOK)
    レンズの時間 (玄光社MOOK) (JUGEMレビュー »)

    snap!企画・編集・執筆の本。

    古今東西、安価から高価なものまで「レンズ」に注目した新雑誌。フィルムコンパクトの使い方など、フィルム初心者向け企画も充実!
    Recommend
    フィルムカメラの撮り方BOOK (玄光社MOOK)
    フィルムカメラの撮り方BOOK (玄光社MOOK) (JUGEMレビュー »)

    snap!企画・編集・執筆の本。


    スマホやコンデジしか使ったことがなくてもフィルムがはじめられる! 豊富な色見本からプリントの楽しさがわかる!
    Recommend
    中判カメラの教科書
    中判カメラの教科書 (JUGEMレビュー »)

    snap!企画・編集・執筆の本。

    中判カメラの使い方、魅力、作例、フィルム撮り比べなど実用記事満載。
    Recommend
    フィルム写真の教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊)
    フィルム写真の教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊) (JUGEMレビュー »)

    snap!企画・編集・執筆の本。

    フィルム写真の素晴らしさをさまざまな角度から取材した本。
    Recommend
    チェキ it ! (タツミムック)
    チェキ it ! (タツミムック) (JUGEMレビュー »)

    snap!企画・編集・執筆の本。
    インスタントカメラ「チェキ」の魅力を一冊に。
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM