2014.02.28 Friday

6×9中判カメラもおもしろい! 「中判カメラの教科書」発売1周年企画、その3

0

    中判カメラには、さまざまなフォーマットがあります。同じ120フィルムを使っていても、画面サイズによって、645(15/16枚撮り)、6×6(12枚撮り)、6×7(10枚撮り)、6×9(8枚撮り)と、撮影枚数が異なるのです。

    645の代表的なカメラはペンタックス645シリーズ、マミヤ645シリーズ、フジフイルム645レンジファインダーシリーズなど。6×6はハッセルブラッド、ローライフレックスをはじめとする二眼レフ各種、6×7はペンタックス67、マキナ67、マミヤ7、マミヤRB/RZなどが代表機種。「中判カメラの教科書」では、6×7までの機種を厚めに紹介しています。

    なぜかと言いますと、中判カメラを使う方の多くは、35mmカメラの画面比率3:2とは異なる比率を求めていて、6×6や6×7はとても人気だからです。しかし、構図を作るうえで3:2の比率に慣れ親しんでいて、でも35mmとは異なる高画質が欲しい場合、特に展示など作品つくりをしていて異なる比率が混在するのが嫌だなあというときは、がぜん同じ3:2の比率の6×9の価値が出てきます。

    何より、6×6や6×7と一辺の長さが長いだけではありますが、その情報量の豊富さに圧倒されるのが6×9。ぜひ、その高画質を一度体感していただきたいです。


    6×9のカメラは、報道での使用が念頭に置かれた「プレスカメラ」と「レンジファインダー」のものが主流。どちらもピント合わせは二重像を重ねるレンジファインダー式となっています。絞り優先AEや自動巻き上げの付いた機種もある他のフォーマットと異なり、フルマニュアル式でシンプルな機械式カメラばかり。少しだけ敷居は高いかもしれませんが、今はスマホの露出計アプリなどもある時代ですから、露出の選び方などの基本知識さえあれば簡単に使うことが出来ます。

    少しだけ、代表的な6×9カメラを紹介します。


    マミヤプレス SUPER23
    プレスカメラの代表格です。レンズは交換式。フィルムバックも交換式で、6×7のものなどもあります。比較的安価で見つけられますが、とにかく大きくて重たいカメラ。一方で熱烈なファンも多く、豊富な交換レンズ群とアクセサリーが魅力です。最終モデルはマミヤユニバーサルプレス。SUPER23はアオリ撮影などにも対応しています。まあ、カッコイイのなんの。プレスカメラには、他にコニカ製のコニカプレスなどがあります。



    マーシャルプレス
    中判カメラで有名なマミヤの間宮精一氏が、このカメラだけを作りたくてマーシャル光学を設立。レンズはニッコールレンズが搭載されていて、この1台だけをマーシャル光学では作るという徹底ぶりでした。大きいですが軽量で、プレスカメラの中では持ち運びが楽です。ニッコールが付いていること、そしてマミヤという会社がありながら、どうしてもこのカメラを作ろうとした熱意。そんなドラマ的な部分からも惹かれるカメラです。



    フジカGL690
    レンズ交換式のレンジファインダー。レンズにシャッターが付いているレンズシャッター式で、写真の機種は、レンズに絞り優先AE機能を搭載した珍しいタイプです。このレンズ以外は、もっとスッキリシンプルなデザインとなっています。見た目は35mmのレンジファインダー風ですが、驚くほど大きく、それがまた道具感いっぱいでかっこいいです。ちなみに、このシリーズの初代機はG690。GL690と共通のレンズマウントです。美品は少なく、フィルムを装填したままレンズ交換をするための遮光幕が壊れたものが、よくジャンク品扱いで見つかります。レンズシャッター機でミラーなどはないため、遮光幕がないとフィルムが感光してしまうのです。レンズ交換をしない、という前提であれば遮光幕が壊れていても問題ない場合があります。ちなみに、すんごい安いです。数は少ないですが、飲み会3回分くらいかもという(笑)。



    フジフイルムGW690III
    G690からスタートしたフジフイルムの中判レンジファインダーの進化モデル。IもIIもあります。Gシリーズの金属ボディとは異なり、軽量化を重視してプラスチックボディに。他に6×7、6×8も同一のレンズ・デザインでラインアップされました。広角レンズ搭載モデルもあり、見た目はそっくりですが、GSW690と「W」が機種名に入っています。フジフイルムの6×9は、描写力が素晴らしく根強い人気があります。ルックスはGシリーズや初期のGW690などがカッコイイですが、持ち運びと製造年の新しさを考えると、GW690IIIが安心ではないでしょうか。新しめの機種のため、中古相場も少々高め。それでも、6×6の人気機種などに比べるとグッとお買い得です。



    6×9で撮った写真をご紹介します。

    FUJICA GL690
    Kodak TRI-X400



    FUJICA GL690
    FUJICOLOR PRO400



    FUJICA GL690
    FUJICOLOR PRO400H



    Marshal Press
    Kodak PORTRA400



    たしかに120フィルムで8枚という撮影枚数は、もう1本撮り終わってしまった…、という感覚に陥ってしまいますが、出来上がる写真はとても素晴らしいです。ぜひ、人気薄の6×9にもトライしてみてください! 人気薄…。自分で書いておきながら、悔しいです。個人的には、中判はいまほとんど6×9一本なので…。仲間が増えることを祈っております!


    2013.03.19 Tuesday

    「中判カメラの教科書」を作っての私的感想1 ローライフレックスの楽しさ

    0

      「中判カメラの教科書」をお買い上げくださった皆様、本当にどうもありがとうございます。「中判カメラの教科書」では、出来る限りカメラを入手し、実際に撮影をして、写真を現像して、ということをやっていきました。それぞれカメラには利点・弱点などがあるのは当たり前ですが、個人的にグッとくるポイント、抱いていたイメージと違うなあという点があり、それらは個人的な感覚なので公平とは言い難いですが、実際に手にしてみてわかったこともたくさんありましたので、何回かに分けて、「中判カメラの教科書」を作ってみて感じた私的な感想をブログに書いていきたいなと思います。

      第1回目は、ローライフレックスの楽しさです。

      ローライフレックスは、いまとても高価なカメラとなっています。美品であれば20万円ほどのものもあり、何台も買うのは至難の業。僕は過去、ローライフレックス2.8Fプラナー(超老朽品)、ローライフレックス3.5Fプラナー(かなりの老朽品)を使っていましたが、今回は2.8Fクセノタール、3.5Fクセノタール、3.5テッサーなど、ひと通りのものを使う機会に恵まれました。

      それらを持って、ポパイカメラのみなさんと本牧ふ頭方面で撮影をしたのですが、二眼レフはこんなに楽しいのか!というのが率直な印象でした。ウエストレベルファインダーは慣れが必要ですし、フィルムの装填、絞りやシャッター速度の設定も二眼レフ特有のものがありますが、写欲をなぜかものすごく煽るのです。シャッター音はとても小さく、ファインダーも暗めなので「本当に撮れているだろうか…」と不安になりますが、だからこそ、プリントがあがった時の驚きは格別で病みつきになるのです。

      前号「フィルム写真の教科書」の記事で触れていますが、ローライフレックスを使ってスナップ撮影をしていて、一度もトラブルになったことがないという、写真家・渡部さとるさんの言葉を思い出しました。ローライフレックスを持ってうろうろとしていても怪しく見えないんでしょうね。撮る方の気持ちも盛り上がるし、撮られていても相手に威圧感を与えない。これはきっと撮れる写真に大きな影響があるはずです。

      そして、肝心の描写にも驚かされました。ローライフレックスは「優しい・柔らかい」と言われますが、コンディションの良い機種はとても緻密に優秀な写りをします。例えば2.8Fプラナーのプリントが上がってきたときには、「うわあ、これはプラナーだわ」という感想でした。白がとても美しくコントラストもしっかりとしていて、古いカメラとは思えないほど。逆光性能はコーティング的に低いと思いますが、「優しい・柔らかい」というのは、多くの場合レンズの傷やクモリなどによるものなのかもしれないですね。でも、それが歴史あるカメラの個体差で個性。個人的にはそれも含めて楽しむべきものかなって感じています。

      各機種の撮り比べでは、ローライフレックス2.8Fクセノタールの描写が、良い意味でオールドレンズ的な風合いも併せ持っていて、「好み!」という人が多かったのが印象的でした。個人的には、2.8F系はとても高価で手が出ないので、テッサー搭載モデルは何とかゲットしないなあと思っております。もしくは、2.8Fよりも価格帯の下がる2.8Eなど少し古いモデルもいいなあと思っています。

      いずれにしても、ローライフレックスは持っていても楽しいし、撮っていても楽しいし、美しいプリントも作れる、素晴らしいカメラだということを再確認しました! 



      ローライフレックスはフードなどを付けると超カッコイイですよね。


      ローライフレックス2.8Fプラナー/ポートラ400


      ローライフレックス2.8Fクセノタール/ポートラ400


      ローライフレックスTテッサー/ポートラ400



      2013.03.18 Monday

      3月20日(祝)は、「初めてのBelair Workshop with 中判カメラの教科書」

      0

        3月20日(祝)に、ロモグラフィージャパン×中判カメラの教科書のBelair撮影ワークショップが開催されます。

        僕もマイBelairを持って参加します。せっかくの撮影会なので、三脚も持参し、背景は固定の多重露光を全コマやってみたいなあなどと思っております。お時間ある方、ぜひぜひよろしくお願いいたします。

        詳細、応募は以下。

        日付: 2013年3月20日(祝) 11:00〜15:00(予定)
        ワークショップ名: 「初めてのBelair Workshop with 中判カメラの教科書」
        募集人数: 20名(10台分レンタル可能です。すでにお持ちの方大歓迎!全員がお持ちでない場合は2名で1台になります)
        使用カメラ: Belair X 6-12
        参加費: 3,150円/ 人 : 120カラーネガフィルム3本+6x12現像/プリント/データ化 1本分 込み (通常4,215円)

        同日に予定されていた、ガラスレンズ「ベルエアゴン」のお披露目会は、商品到着が遅れているため延期となりました。ちょっと残念ですが、余計にベルエアゴンが待ち遠しくなってしまいますね! 


        Belair/Kodak PORTRA800/6×12

        2013.03.02 Saturday

        ロモグラフィージャパン×「中判カメラの教科書」コラボイベント「初めてのBelair Workshop with 中判カメラの教科書」からの、待望のガラス製レンズ「Bailairgon」お披露目会のお知らせ

        0

          2013年3月20日(祝)、ロモグラフィージャパンさんにお呼ばれし、撮影イベントを行うことになりました。その名も「初めてのBelair Workshop with 中判カメラの教科書」。蛇腹式、6×6、6×9、6×12切り換え式、絞り優先AE付き、レンズ交換式という話題の新中判カメラ「Belair」の初イベントとなります。

          ベルエア使ってみたかったという方、ベルエアを既にお持ちで皆で撮ってみたかったという方、ロモを通じた交流をしたという方、そして「中判カメラの教科書」裏話を聞いてみたいという方(笑)、ご応募お待ちしております!

          代々木公園を中心に撮影予定。Belairの貸出機は10台とリミットがあるため、当日の人数次第では2人1台などで撮影することになります。イコール、撮り合いなどがたくさんできそうですね! 何卒よろしくお願いいたします。

          詳細、応募は以下。

          日付: 2013年3月20日(祝) 11:00〜15:00(予定)
          ワークショップ名: 「初めてのBelair Workshop with 中判カメラの教科書」
          募集人数: 20名(10台分レンタル可能です。すでにお持ちの方大歓迎!全員がお持ちでない場合は2名で1台になります)
          使用カメラ: Belair X 6-12
          参加費: 3,150円/ 人 : 120カラーネガフィルム3本+6x12現像/プリント/データ化 1本分 込み (通常4,215円)


          Belair+Redscale100で撮影。6×9フォーマット。



          そして、この撮影会の後、大注目のイベントがもうひとつあります。Belairはレンズ交換式。現在はプラスチック製レンズですが、ガラス製レンズが発売間近で、そのお披露目会が同日Lomography Gallery Store Tokyoで17時から行われるのです! レンズはロシアZENIT製。ロシアカメラがお好きな方にはおなじみの歴史あるメーカーですね。こちらは無料&フリー参加。ただし、入荷状況によっては、延期となる場合がありますので、ウェブの情報などチェックしていただければと思います。こちらも詳細は、
          をご覧下さい。

          これがガラス製レンズ。重厚感があります! さあ、どんな写りをするのでしょう。

          2013.03.01 Friday

          低価格で買える中判カメラ御三家

          0

            「中判カメラの教科書」を手にとってくださった方から、「もう少し中判カメラが安ければ、始める気になるのだけれど…」というようなお言葉をいくつかいただきました。たしかに、イメージ的には中判カメラは高価ですが、かなり低価格で買える機種もあります。そこで、比較的製造年が新しく、かつ中古価格が2万円程度で買いやすい、入門機に最適の機種をご紹介いたします。

            (1)ペンタックス645(初代)
            オートフォーカスが付いている645N、645NIIは高価ですが、初代機はレンズ付きで2万円を切るきともあります。交換レンズも比較的安価。使い勝手も35mm一眼レフライクです。絞り優先撮影など機能面は充実しています。



            (2)マミヤRB67
            腕力に自信がある方ならば使いやすいです。機械式シャッターのため電源いらずというのも嬉しいところ。写真スタジオなどでよく使われていたカメラで、スタジオのデジカメ化に伴い、かなりたくさん中古市場に流れました。接写能力も高く、縦位置よ横位置をフィルムバックを回転させることで切り替えられます。露出計などは付いていないフルマニュアルでの撮影も楽しいです。いま人気のマミヤRZ67は電子式シャッター。少しだけRB67の方が重たいです。



            (3)フジフィルムGA645(写真は限定モデル)
            オートフォーカス、内蔵ストロボ付きの小型645。コンパクトカメラライクの操作性で高画質を楽しめます。デザインが個性的なので好き嫌いが分かれそうですが、フジノンレンズの描写力は定評があります。いつでも中判を持ち歩きたい、という方は重宝する機種かなって思います。2~3万円台で見つかると思います。二重像合致式でピントを合わせるGS645シリーズも同様に低価格ですが、年代が少し古いので、カメラの状態重視であればGA645の方に分があります。ズーム付きのGA645Ziは少し高めです。



            勝手にエントリータイトルを「御三家」としましたが、マミヤ645シリーズ、マミヤCシリーズ、ブロニカ系など、まだまだ他にも低価格で買える機種はあります。二眼レフなども意外と低価格で見つけられますし、人気のペンタックス67も外観がいまいち&レンズの状態が悪ければ低価格で見つけられます。

            あとはフィルム代、現像代、プリント代などのランニングコスト。確かにお金持ちじゃない限り、お財布と相談しながら撮影することになりますが、その緊張感と有限であることこそが楽しいですし、1枚1枚の写真がより大切になるのではないでしょうか。

            2013.02.28 Thursday

            35mmフィルムとブローニーフィルムの描写差実例

            0

              35mmフィルムは、その粒子感が引き伸ばされた時にとても美しく、独特の味のある表現ができます。一方、ブローニーフィルムはとても滑らか。大伸ばしをすると顕著なのはもちろん、L版サイズにした時点でも引き伸ばし率が大きく異なるため差が出ます。

              このような35mmフィルムとブローニーフィルムの魅力の違い、描写の違いは、「中判カメラの教科書」にご登場してくださった市橋織江さん、熊谷直子さんもインタビューにて言及されていますし、ポパイカメラ石川専務も熱く語って下さっています。

              誌面を作りあたり、同じ場所で35mmフィルム一眼レフと6×7の中判で撮り比べをしたのですが、思った以上に差があり驚きました。誌面だと少し伝わりづらそうでしたので、ブログにその写真を掲載します。


              35mmフィルムで撮影
              (Canon EOS-1v、EF50mm F1.4)

              中判カメラで撮影
              (FUJIFILM GF670)

              だいぶ違うと思いませんか?

              この撮り比べは遠景での比較でブローニーフィルムはキレイだなあという感じがしますが、35mmがダメというのではなく、人物を躍動感いっぱいに撮りたいときなどは35mmの機動力、速写性、粒状感などが物を言ったりします。つまり、カメラは適材適所。1台では完結しづらく、あれも欲しい、これも欲しいと思うのは自然なのことなのかと!(笑・昨日のエントリーと結論は一緒ですね)


              Calendar
              1234567
              891011121314
              15161718192021
              22232425262728
              293031    
              << October 2017 >>
              snap!=Fumihiko Suzuki's flickr
              www.flickr.com
              F.Suzuki's items Go to F.Suzuki's photostream
              Twitter
              Instagram
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recommend
              フィルムカメラ・ライフ (玄光社MOOK)
              フィルムカメラ・ライフ (玄光社MOOK) (JUGEMレビュー »)

              snap!企画・編集・執筆の本。


              レッツ・スタート・フィルム生活! 唯一のフィルム写真専門誌。創刊号は簡単にはじめられるフィルム一眼レフ大集合!
              Recommend
              31年目の写ルンです (エイムック 3600)
              31年目の写ルンです (エイムック 3600) (JUGEMレビュー »)

              snap!企画・編集・執筆の本。


              大ブレイク中の写ルンですのすべてがわかる1冊。二階堂ふみさんの表紙が目印!
              Recommend
              レンズの時間 (玄光社MOOK)
              レンズの時間 (玄光社MOOK) (JUGEMレビュー »)

              snap!企画・編集・執筆の本。

              古今東西、安価から高価なものまで「レンズ」に注目した新雑誌。フィルムコンパクトの使い方など、フィルム初心者向け企画も充実!
              Recommend
              フィルムカメラの撮り方BOOK (玄光社MOOK)
              フィルムカメラの撮り方BOOK (玄光社MOOK) (JUGEMレビュー »)

              snap!企画・編集・執筆の本。


              スマホやコンデジしか使ったことがなくてもフィルムがはじめられる! 豊富な色見本からプリントの楽しさがわかる!
              Recommend
              中判カメラの教科書
              中判カメラの教科書 (JUGEMレビュー »)

              snap!企画・編集・執筆の本。

              中判カメラの使い方、魅力、作例、フィルム撮り比べなど実用記事満載。
              Recommend
              フィルム写真の教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊)
              フィルム写真の教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊) (JUGEMレビュー »)

              snap!企画・編集・執筆の本。

              フィルム写真の素晴らしさをさまざまな角度から取材した本。
              Recommend
              チェキ it ! (タツミムック)
              チェキ it ! (タツミムック) (JUGEMレビュー »)

              snap!企画・編集・執筆の本。
              インスタントカメラ「チェキ」の魅力を一冊に。
              Recommend
              トイデジのアイデア
              トイデジのアイデア (JUGEMレビュー »)
              鈴木 文彦 編著
              snap!企画・編集・執筆の本。
              トイデジでも視点ひとつで作品的な写真が撮れる!ということを追求した本。
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM