2014.02.26 Wednesday

ムック「中判カメラの教科書」発売1周年企画。「白黒120フィルム撮り比べ完全版2・フォマパン&ロモグラフィー編」

0

    ムック「中判カメラの教科書」発売1周年企画「白黒120フィルム撮り比べ完全版」の第二回目は、フォマパン&ロモグラフィー編です。フォマパンは、チェコのフォマ社が作っているフィルム。取り扱い店舗は少ないですが、まさに「ヨーロッパ調」というトーンが素晴らしいと思います。ロモグラフィーのフィルムは、やはり白黒フィルムという分野であっても、さすがロモグラフィーという個性的な写り。感度100、感度400の二種がありますが、こんなにも性格が違うのか!と驚きました。

    こちらも、使用カメラはマミヤRB67。レンズはセコール90mmF3.8。撮影場所は多摩湖の堤防であります。


    foma FOMAPAN 100
    実勢価格:約500円(120/1本)
    とても柔らかで、グレーが雰囲気いっぱいに出ています。これはハーフトーンをしっかりと出すとうフィルム設計によるものでしょう。どこかセピア調にも見える描写は、ヨーロッパの香りという感じがします。



    foma FOMAPAN 400 Action
    実勢価格:約500円(120/1本)
    感度100と同様に中間トーンが豊富。やはりグレーが印象的な写りです。粒子感がよりレトロな風合いを助長しています。



    Lomography Earl Grey 100
    メーカーサイト販売価格:1,780円(120/3本)
    衝撃を受けるほどのくっきりさ。まるでクロスプロセスの白黒版のようなハイコントラストです。唯一無二の描写をします。



    Lomography Lady Grey 400
    メーカーサイト販売価格:1,980円(120/3本)
    FOMAPAN 400に似たハーフトーン重視、雰囲気重視の描写。粒状感はさらに強く、クラシカルな雰囲気を楽しめます。ちなみにFOMAPAN 400と裏紙などのデザインも似ており、ひょっとしたら同一なのかも、と思ったり思わなかったり。



    以上、フォマパン&ロモグラフィー編でした。

    僕も中判カメラは使いますが、この比較検証をした後、実を言うとフォマパンをかなり集中的に使いました。だって、この印象的なグレーを見たら、使わないわけにはいかないじゃないですか! そして、Lomography Earl Grey 100とLady Grey 400ですが、正規オンラインショップでは品切れ中。35mmは在庫ありでした。僕は量販店で残っていた在庫を見つけ購入。現在もどこかにあるといいのですが…。

    ほんと、白黒フィルムはおもしろいですよね。さらに自家現像を自分なりのレシピで行ったり、手焼きで思い通りのプリントを作るという作業が加わると、もう病みつきになること必至。僕の中では、明らかにカラー写真とは違う性質のもので、それは撮るときの視点もですが、行程も含めて、「よし、白黒やるか」というような覚悟みたいなものが必要だったりします。それくらい、奥が深いし楽しみも多いということじゃないでしょうか。


    amazon/中判カメラの教科書

    2014.02.26 Wednesday

    ムック「中判カメラの教科書」発売1周年企画。「白黒120フィルム撮り比べ完全版1・イルフォード編」

    0

      2013年2月27日に発売された「中判カメラの教科書」。発売から1年経過したいまも、おかげさまでご好評いただいております。とにかく多くの中判カメラの紹介と使い方を取り上げようというコンセプト。そのため、どうしてもページ数の制約に直面し、フィルムの撮り比べ企画の作例が小さくなってしまいました。本を作っている身でありながら、ウェブにてフォローするというのもあれなんですが、せっかくの素材をこのままにするのはもったいない!と思いまして、当ブログにて再掲載していきたいと思っております。

      フィルムにこだわるのはとてもおもしろい作業。そして、わずかな差に思い悩むのは、フィルムの表現力にこだわる上ではかけがえのないものではないでしょうか。

      第1回目は、白黒フィルム、イルフォード編です。現像はプロラボの写真弘社さんで行い、データは自由が丘・ポパイカメラにて、富士フイルム業務機フロンティアを使用して作成。全フィルム同条件で行っております。白黒フィルムは、現像時の環境やプリントで大きく差が出てきますので、あくまで参考程度という感じであります。また、作例は共通場所からのものとなっております。テキストうんぬんではなく、描写を見ていただければ嬉しいなと思っております!

      使用カメラはマミヤRB67、レンズはsekor 90mm F3.8、三脚使用です。


      ILFORD PANF PLUS(感度50)
      実勢価格:約500円(120/1本)
      低感度の超微粒子として有名。さまざまなグレーが細やかに出ている印象を持ちます。グレー味がかって見えるのは、その階調が豊かさが要因ではないでしょうか。低感度フィルムは珍しいので、とても貴重な存在です。



      ILFORD FP4 PLUS(感度125)
      実勢価格:約500円(120/1本)
      ラチチュードが広いフィルムです。水面の描写を見ると分かりますが、コントラストが高く、白と黒がはっきりと出ています。この写真より少しアンダー露出で撮った写真はさらに黒が締まって見えました。



      ILFORD HP5 PLUS(感度400)
      実勢価格:約500円(120/1本)
      高感度のため粒状感のある粗い仕上がりになりました。空にも粒子が乗っています。水面はグレーがとても良く出ており、高感度ですが中間トーンの美しさを感じる撮り比べ結果です。



      ILFORD DELTA 100
      実勢価格:約550円(120/1本)
      とても先鋭な描写をしました。クリアで緻密。ファインプリントに向くというのが撮り比べでも実感できるシャープネス。



      ILFORD DELTA 400
      実勢価格:約550円(120/1本)
      取水塔の描写は緻密で繊細。そこに高感度ならではの粗さが加わりました。粒子+緻密さを味わえるフィルムという印象。



      ILFORD DELTA 3200
      実勢価格:約700円(120/1本)
      超高感度フィルム。粗さを表現に活かすにはおもしろい選択かもしれません。室内での使用が多い人に重宝されます。



      ILFORD SFX 200
      実勢価格:約800円(120/1本)
      とても特徴的なハイコントラストな描写。輪郭はくっきり、締まった黒、飛び気味のハイライトが印象的です。また、このフィルムは赤外線撮影もフィルター併用で行えるという珍しい特徴もあります。



      以上、イルフォード編でした。

      個人的にはPANF50の描写が階調豊かでいいなあと改めて思いました。でも、SFX200をワイルドに使うのも良さそうですよね。

      イルフォードからは、このようにたくさんの白黒フィルムが発売されています。僕自身、この撮影時に初めて使う物もあり、おお、このような描写をするのか、と素直に良い経験になりました。使ってみないと、わからないものですよね。

      次回は、個性派描写のフォマパン、ロモグラフィーを取り上げようと思います、


      そして最後に、「中判カメラの教科書」いまだ絶賛発売中です!(笑)
      大きな120フィルムを使ったフィルムライフに突撃したい方は、ぜひぜひ参考にしてみてください!

      amazon



      Calendar
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << August 2017 >>
      snap!=Fumihiko Suzuki's flickr
      www.flickr.com
      F.Suzuki's items Go to F.Suzuki's photostream
      Twitter
      Instagram
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recommend
      フィルムカメラ・ライフ (玄光社MOOK)
      フィルムカメラ・ライフ (玄光社MOOK) (JUGEMレビュー »)

      snap!企画・編集・執筆の本。


      レッツ・スタート・フィルム生活! 唯一のフィルム写真専門誌。創刊号は簡単にはじめられるフィルム一眼レフ大集合!
      Recommend
      31年目の写ルンです (エイムック 3600)
      31年目の写ルンです (エイムック 3600) (JUGEMレビュー »)

      snap!企画・編集・執筆の本。


      大ブレイク中の写ルンですのすべてがわかる1冊。二階堂ふみさんの表紙が目印!
      Recommend
      レンズの時間 (玄光社MOOK)
      レンズの時間 (玄光社MOOK) (JUGEMレビュー »)

      snap!企画・編集・執筆の本。

      古今東西、安価から高価なものまで「レンズ」に注目した新雑誌。フィルムコンパクトの使い方など、フィルム初心者向け企画も充実!
      Recommend
      フィルムカメラの撮り方BOOK (玄光社MOOK)
      フィルムカメラの撮り方BOOK (玄光社MOOK) (JUGEMレビュー »)

      snap!企画・編集・執筆の本。


      スマホやコンデジしか使ったことがなくてもフィルムがはじめられる! 豊富な色見本からプリントの楽しさがわかる!
      Recommend
      中判カメラの教科書
      中判カメラの教科書 (JUGEMレビュー »)

      snap!企画・編集・執筆の本。

      中判カメラの使い方、魅力、作例、フィルム撮り比べなど実用記事満載。
      Recommend
      フィルム写真の教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊)
      フィルム写真の教科書 (玄光社MOOK カメラ・ライフ別冊) (JUGEMレビュー »)

      snap!企画・編集・執筆の本。

      フィルム写真の素晴らしさをさまざまな角度から取材した本。
      Recommend
      チェキ it ! (タツミムック)
      チェキ it ! (タツミムック) (JUGEMレビュー »)

      snap!企画・編集・執筆の本。
      インスタントカメラ「チェキ」の魅力を一冊に。
      Recommend
      トイデジのアイデア
      トイデジのアイデア (JUGEMレビュー »)
      鈴木 文彦 編著
      snap!企画・編集・執筆の本。
      トイデジでも視点ひとつで作品的な写真が撮れる!ということを追求した本。
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM